ライフスタイル

お肌がモチモチすべすべに!メルヴィータのアルガンオイルが化粧水前のブースターと乾燥した肌に最適【乾燥・敏感肌】

巷で大人気のアルガンオイル。ずっと気になっていたもののまだ使っていなかったのですが、ようやく最近メルヴィータのアルガンオイルを購入してみました。

成分はオーガニック栽培による植物原料のオイルなので、乾燥肌&敏感肌な私でも肌に刺激を与えず安心して使うことができます。

いつものスキンケアに、メルヴィータのアルガンオイルを数滴加えることで、お肌にしっとりさとハリがプラスされました!使い心地もとてもよかったので早速レビューしてみたいと思います。

  • アルガンオイルって気になっているけど、実際どうなの?
  • アトピー肌や敏感肌の人でも使える?
  • 実際の使用感はどうなんだろう?

といった疑問をお持ちの方にオススメの記事です!

Melvita メルヴィータのアルガンオイルとは?

メルヴィータについて

メルヴィータはフランスで生まれた、オーガニックなスキンケアのブランドです!

フランスをはじめとするヨーロッパの国々は、オーガニック製品やビオ商品については一歩先を進んでいる印象です。私がヨーロッパに住んでいた時も、駅にはbioショップが当たり前のようにあり、パン屋さんもbio、化粧品も野菜もbio…とビオやオーガニックな製品は日常生活に完全に溶け込んでいました。

食べ物と同じように、化粧品やスキンケア用品はお肌に直接塗ります。体に直接触れるものや吸収されるものは、自然派由来だとやはり安心できます。

メルヴィータはフランスでのオーガニックコスメの先駆けとも言われています。植物由来のスキンケアやボディケアを30年以上に渡り研究してきたというのは、結構信頼できる要素の1つです。

アルガンオイルについて

アルガンオイルとは、アルガンの木の種子から採取されたオイルです。実は昔からモロッコでは使われており、製造工程も手間がかかる非常に貴重なもの。

砂漠の中に生息するアルガンの木は、乾燥への耐性が非常に強く、数年雨が降らなくても枯れないことから「神の恵みの木」とも呼ばれているようです。

ナマコ
ナマコ
うるおいがとっても保たれそう

そんなアルガンの木からとれるアルガンオイルは、オリーブ油よりも抗酸化作用が高く、オレイン酸やリノール酸が豊富です。

アルガンオイルは肌にスムーズに浸透して、たっぷり入った美容成分によってうるおいが保たれ、ハリのある肌になれることが特徴です。

メルヴィータ アルガンオイルを使った感想

早速メルヴィータのアルガンオイルの使用感をご紹介します。

蓋がしまっているので、それを開けてみるとノズルがこんな風になっています。この口先からポタポタと一滴ずつオイルが落ちてくるようになっています。

このノズルはなかなかの優れもので、ひざ下や足などに塗布する場合は、ノズルを体に当てながら直接オイルを垂らして使うこともできます。

アルガンオイルは、まさに油なので肌の上をするーっと簡単に流れていきます。

手のひらに載せてみたのがこちら。オイルなので伸びがかなりいい印象で、2滴くらいでも結構な範囲に使えます。

このアルガンオイルを余さずしっかり顔や乾燥しているお肌につけていきます。

するとオイルなのに、思ってた以上にベタベタしない!

なんとなく肌にオイルを吸い込んでいるような…ちょっとしっとりとしてきている気がします。

手の甲にアルガンオイルを塗ってみたのがこちら。結構あっという間に肌に吸い込まれていきます。この写真だと分かりづらいのですが、実際にみると塗っていない他の肌の部分より少しテカっています。

メルヴィータ公式サイトに、“化粧水をごくごく飲み込むような肌へ”と書かれていますが、まさにそんな感じ。

化粧水を塗る前に土台としてこのアルガンオイルを使うと、化粧水のノリがとってもよくなりました!しっとり感は倍増した感じがします。またハリも出てきたような…

一本使い切る頃には、お肌のキメも整いそうでちょっとワクワクしています。

メルヴィータ アルガンオイルの使い方

メルヴィータのアルガンオイルは2種類の使い方ができます。

  1. フェイスに化粧水前のブースターオイルとして使う
  2. 乾燥しているケアしたいボディの箇所に潤いをもたせるために使う

フェイスでのアルガンオイルの使い方

1. 顔をしっかり洗う。

2. 洗顔後の肌に手に取ったオイルをつける。

3. オイルをつけた後に化粧水、乳液などいつも通りのスキンケア。

オイルの使用目安(公式推奨)

  • 普通肌:5〜8滴
  • 乾燥肌:10滴
  • 脂性肌:3〜5滴

ボディでのアルガンオイルの使い方

ボディの場合は、乾燥している体のパーツに手に取ったオイルを塗る。

またはノズル(容器の先っぽ)を直接体にあてて、ボトルを傾けながらオイルを出して塗ることもできます。

私の場合、ひざ下のスネの部分がめっちゃ乾燥しています。あとはカカトです。

私のカカトは20代前半からすでにボソボソ、バリバリに乾燥していました。なぜか何もしていない夫の方がしっとりしているのに悲しみが隠せません…

ということで、今回砂漠の手強い乾燥にも耐えたアルガンツリーの奇跡を信じ、私のひざ下とカカトにアルガンオイルチャレンジしてみました。

なんと数日でしっとり感がプラス。ひざ下の乾燥はすっかりよくなりました。カカトも割れているところが修復されている気がします。

ちなみにオイルを顔につけたりボディにつけることで、余ったオイルのおかげで手の先のカサカサも2,3日ですっかりよくなりました。

カカトのカサカサ度は段違いなので、まだ完治とまではいきませんが、今の所いい感じでしっとりしてきている様子。数日でこれだけの効果なら、1ヶ月使っていたらもうひび割れもなくしっとりしてくるような気がします。



メルヴィータ アルガンオイルの商品情報

メルヴィータのアルガンオイルは1本50mlです。

サイズ的にはカバンにもさっと入れて持ち運べるくらいで、普段出かける際や旅行の時にも邪魔にならないサイズです。

なんとなく小さいような気もしますが、オイルなのでかなり伸びます!つまり数滴でもかなりの範囲をカバーできるので、コスパはかなり良さそうです。

メルヴィータ ビオオイル アルガンオイル

内容量:50ml

原産国:フランス

価格: 3,600円 (税込 3,960円)

顔だけでなく、髪や手など全身にも使える万能オイル

まとめ

使い始めてからまだ2週間がたったところですが、すでに顔のお肌の様子はとてもよくなってきました!具体的には、いままで化粧水や乳液などでしっとりとはしていたのですが、今まで以上にお肌のモチモチ感が増え、少しハリが出てきたように感じます。

とくに乾燥していてほったらかしだった、カカトとひざ下のスネの部分は、1番見違える結果に。顔だけでなく体や髪にまで使えるというのは、かなり便利です。

もともとアトピー肌で、スキンケアの類は気をつけて使っています。しかしメルヴィータのオイルは全く刺激もなく、無香料で自然派素材と私にとってはいいとこ尽くし!

今まで面倒くさがってブースターオイルなんて使っていなかったのですが、ちょっと病みつきになりそうな便利さと効果があります。

このアルガンオイルを一本使い切ってから、もう一度感想も書いていきたいと思いますが、今の所2本目リピートも近いと予想されます…

やっぱり有名で評判がいいものは、実際使ってみてもいいことが多いです。

お肌が乾燥して、アルガンオイルが気になっている方はぜひ試してみてほしいと思います!

 



 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA