ライフスタイル

【日本橋】誠品生活に初めて行ってきた感想!本場の台湾茶が飲めるワンダーチュアンもおすすめ!【コレド室町】

日本橋に新しくオープンしたコレド室町テラスにある、今話題の台湾発おしゃれ書店「誠品生活」に早速行ってきました!

本好きとしては絶対に外せないスポットの「誠品書店」は必見です!なおかつ、台湾茶好きにはオススメの本場の台湾茶を味わえる、ワンダーチュアン(王德傳)というカフェスペースなど、本と同時に楽しめる場所もたくさんあります。

どういう場所なのか気になっている方へ、実際に訪れてみた感想をご紹介したいと思います。

誠品生活(誠品書店)とは

2019年9月27日にグランドオープンした、コレド室町テラス

そこに台湾発のアジア各国を中心に大人気の「誠品生活」が日本初出店をはたします。

誠品生活は複合セレクトショップです。書店をはじめ様々な生活雑貨、カフェ、文房具などを揃えています。この誠品生活の核となっている部分が、「誠品書店」です。

この誠品書店は、日本でも人気の蔦屋書店も参考にしたという、有名な台湾の本屋さんです。品揃え、本の陳列方法もさることながら、非常にお洒落でエンターテイメント性のある施設です。

実際私は香港にある誠品書店を一度訪れたことがあり、素晴らしい空間で気に入っていたので、日本にできるのをとても楽しみにしていました。

日本橋誠品書店の内装と本の品揃え

全体的に広々としていて、テーマごとにまとめられた本が、通路の真ん中に並べられています。そして通路の脇に、より細かく分類された本が陳列されています。

たとえば、児童書のコーナー。児童読み物と書いてあります。笑 昔大好きだった、岩波少年文庫など、懐かしの本が並べられていて、結構な時間をここだけで過ごしてしまいました。横には絵本のコーナーなどもあるので、お子様連れにもぴったりな場所です。

全体的に予想以上に品揃えがよく、まだ見たことも聞いたこともない本を見つけることができます。かなりの広さがあるので、きっと一冊は気になる本が見つかるはずです。

最近どこの本屋さんへ行っても、同じような人気作ばかり置いてあって、あまり新しい発見がなかったのですが、私も久々に面白そうな本を購入することができました。

今回購入したのは、フランスのシャルル・バルバラという作家の「蝶を飼う男」という幻想作品集です。装丁の素晴らしさに一目惚れでしたが、内容もかなり面白そう。これからじっくりと読んでいきます。

誠品書店のブックカバーも、深いグリーンのカラーの落ち着いたもので、持ち歩きにもってこいです。(ちなみにブックカバーは2つの中から選ぶことができます。)

こういったまだ見知らぬ本との出会いがあるので、本屋さんへ行くことはやめられません。

誠品書店のおすすめ穴場スポット

 

さて、個人的にまだ穴場だと思われる、おすすめスポットがこちら!!

窓側の本棚の隙間に、立ち読みならぬ座り読みができるスペースがあります

何より素晴らしいのが、少し奥まっているので、端っこの方に座れば誰の目も気にすることなく本を読むことができます。都心にあって日本橋の風景を見ながら、読書ができるなんて贅沢な空間です。

このちょっとした秘密基地みたいなスペースはいくつかあるので、お気に入りの本を探して、一休みするのもいいかもしれません。

誠品生活に入っているお店

誠品書店以外にも、誠品生活の中には楽しめるお店がたくさんあります。

個人的気になった思ったお店は、台湾茶から作った香水を売っている「P. Seven 茶香水」や、漢方コスメのお店「DAYLILY デイリリー」です。お茶や漢方といった、コスメとはあまり結びつかないもの同士ですが、お店の雰囲気も商品もお洒落そのもの。次に行ったっときにちょっと試してみたいです。

それと食べ物、雑貨好きとしては外せないスポット、「誠品生活市集」です!

日本、台湾のキッチン雑貨や食材が所狭しと置かれていて、どれも可愛いし使ってみたくなります。ちょっとしたものですが、家にあったらいいなというグッズが多かったです。

ビーフンや、調味料、お菓子、あとは台湾ピータンまで売っています!

本格台湾料理が楽しめる「富錦樹台菜香檳(フージンツリー)」もとってもおいしそう!ぜひとも食べに行ってみたかったのですが、さすがの大混雑で今回は断念しました。。次回は再チャレンジしてみます。

本場の台湾茶をワンダーチュアン(王德傳)で楽しむ

今回は誠品書店以外にもう1つとても楽しみにしていたことがありました。

それは、台湾茶を飲むこと!

紅茶はもちろんのこと、日本茶、中国茶、台湾茶、どれも好きなのですが、台湾茶はなかなか都内で楽しめるところが見つかりません。そこで、今回日本初出店の「ワンダーチュアン(王德傳)」をとっても楽しみにしていました。

朝一で行ったので、まだそこまで混んでいません。写真には写っていないですが、この横にカウンターがあり、ここで台湾茶を淹れています。カウンターだと、利き茶セットを頼むと、お茶の説明を聞きながら、目の前で本場の台湾茶を淹れるのを見ることができます。

こちらがメニュー。

味わい利き茶セットは気になったのですが、高かったので今回は断念。。

人気らしく、かなり見た目もゴージャスで美味しそうなウーロンタピオカミルクティーにするか、とても迷ったのですが、初志貫徹で、普通の台湾茶を頼むことにしました。

私が頼んだのは、この中で唯一の緑茶らしい碧螺春緑茶(へきらしゅんりょくちゃ)です。

お値段1,280円

今回同行したもう1人は、凍頂ウーロン茶を頼みました。同じくお値段は1,280円です。

お茶は中国茶器のポットに入っています。それと、それぞれお茶菓子として、ドライフルーツも出てきます。杏、プルーン、イチジクの三種類です。

さて、肝心のお茶のお味は….

素晴らしくおいしかったです!!!!

お店の雰囲気からして、美味しくないはずがないと思っていましたが、誇り高い香りがなんともいえない、飲む前から美味しいのがわかります。この台湾茶を淹れてる方は、どうやら台湾人の方らしいので、まさに本場の淹れ方なのでしょう。

適当に茶葉を入れて、だばだばお湯を注いで私が家で飲む台湾茶とは明らかに違います。

お茶の色はかなり薄く、白湯のようにも見えますが、しっかりとした味があります。

碧螺春緑茶とってもおすすめです。体にいいものを取り入れてる感が半端ないです。

一杯だけ交換して飲んだ、凍頂烏龍茶も絶品でした。。タピオカは気になるところでしたが、やはりこのお店では、まず単品茶と書いてある台湾茶を飲んで大正解でした!

このクオリティーのお茶で入れるウーロンミルクティーも絶対美味しいと予想されるので、次回は試してみたい所存です。

お店ではもちろん台湾茶を購入することが可能です。お値段はそこそこしますが、贈り物などにも喜ばれそうな、お洒落パッケージです。

誠品生活(誠品書店)日本橋へのアクセス

店舗名 誠品生活日本橋(コレド室町テラス内)
住所 東京都中央区日本橋室町3丁目2−1 COREDO室町テラス 2F
営業時間 10:00~21:00
公式サイト 誠品生活(誠品書店)

〈電車〉

  • 東京メトロ半蔵門線・銀座線「三越前」駅直結(A6番出口
  • JR総武線快速「新日本橋」駅直結

まとめ

日本初の誠品書店、一体どうなのかとても気になっていましたが、期待以上に素晴らしい施設でした!今回ご紹介したもの以外にも、台湾料理レストランや、ガラス作りの体験施設など、色々と面白そうなお店がたくさんありました。

まだ人出は多いものの、週末でもカフェには意外とすぐ入れたので、朝一(といっても10時)に行けば、ワンダーチュアン(王德傳)にはすぐ入ることができると思います。

そのほか、人気の珈琲店の猿田彦珈琲や、タピオカミルクティーのTHE ALLEYも、午前中は普通に座って飲むこともできそうでした。

本も、お茶も楽しめる、私にとっては最高の場所でした。また1つ、お気に入りの場所が増えてました。

今度時間がある時にまたふらっと訪れて、新しい本との出会いとおいしいお茶を楽しみたいと思います。

まだ行ったことのない方には、ぜひ一度訪れてみてほしいおすすめスポットでした。

 

 

【六本木】リッツカールトンのカフェ&デリに行ってきた感想!絶品ケーキと高級感漂う大人なカフェ【東京ミッドタウン】東京ミッドタウン六本木にあるリッツカールトンのカフェ&デリが、2019年9月20日に改装オープンしました! もともととても...

 

【1人用】おすすめのティーポットとティーマグ【紅茶】紅茶、とくにリーフティーを自宅で楽しみたいなら、必須のアイテムがティーポットです。 しかし巷で人気のティーポットは2人用〜4人用の...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA